ショートヘアのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
セミロングのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
ロングヘアのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
MENU ウィッグの備品のご注文はコチラ 全国の契約美容室様のご案内
契約美容室募集中 販売代理店募集中 HANAHANA英文サイト
Wig-HANAHANA, Custom-made wigs for women-Mail-order sale
HANAHANA携帯サイト
HANAHANA携帯サイトQRコード
HANAHANA携帯サイトは
上記のQRコードから見れます。
http://www.hanahana.mobi
お知らせ


お問合せ
お知らせ2013.11.1

ウィッグの髪は、人毛VS人工毛どっちが良い?

よくお客様からご質問で、ウィッグの髪は、人毛VS人工毛どっちが良い?んですか?

結論から申し上げますと、総合的に見ると人毛の方が良いと言えます。

それぞれ比較してみましょう。

○まず、一番気になる価格。

お安いのは人工毛です。
だって化学繊維ですから

人毛の方は、昔から中国の売るために大切に育てている人たちから、買います。
最近は髪を売ってくれる人たちが少なくなってきました。
ご存知の通り中国が経済大国になったからです。
提供者の少なくなった人毛はとても値上がりしています。

○2つ目にどっちがバレないか?

もちろん、圧倒的に人毛の方が自然なので、ばれません。
人工毛は、やはりツヤが気になります。
最近はかなり改良されて、かなり自然な人工毛が開発されてきました。

でも、それでも、人毛にはかないません。

○スタイリングの持ちはどちらが良いか?

人工毛ウィッグは、買ったときのカールは、崩れにくいです。
だから、スタイリングを簡単に決めることができます。

ただし、人工毛は、買った時のスタイルをかえることのできる材質と出来ない材質が、あります。
耐熱のものと、非耐熱。
買う時に、どちらの材質か、ちゃんと調べておきましょう。
非耐熱のウィッグは、熱いお湯やドライヤーで、変形したり、溶けてしまったりと、怖いことになります。
耐熱性のウィッグも、耐熱温度によって溶けることもあります。気をつけてください。


人毛のウィッグは、人の髪ですから、自毛と同じ位の手がかかります。
ブローしたりヘアアイロンしたり。
だから反対から言えばいろいろスタイルを楽しむこともできます。
人毛もパーマをかけるとカールやストレートが自分でつけやすくなります。
スタイリングに自信のない人は、パーマをかけてもらいましょう。


○どちらの方が寿命が長持ちか?

それは人毛になります。

人工毛は、どんな高級なものでも、静電気に弱く、ずっと擦れつづける襟足などから、縮れが発生してきます。
洋服でも、繊維が擦れ続けると、毛玉ができますよね。特に人工繊維。それと同じことです。
毎日使い続けると、早い人では3ヶ月くらいからダメになる方もいらっしゃいます。

人毛の方は、ちゃんとお手入れをしていただければ平均3年くらいは毎日使っても持ちます。

まれに、お手入れが悪い1年位でだめにする人もいます。
パーマやカラーリングを続けたり、質のよくないシャンプーをお使いになったりすると、寿命が短くなります。
きれい好きすぎて、毎日自毛みたいにシャンプーしすぎても、やはり寿命が短くなります。

弊社に修理で持ち込まれたもので、最長は、10年くらい使っている方もいましたが、お手入れがいいのでとてもきれいでした。
人毛には、髪に優しいシャンプーとトリートメントを必ず行ってください。
できれば、油分のあるヘアクリームや洗い流さないタイプのトリートメントを使っていただくことをおすすめします。
シリコンの入ったスタイリング剤も、自毛ではないので、コーティングになってとてもいいです。

人毛ウィッグのシャンプーの頻度は、自毛みたいに自分の頭から皮脂がでないので、1週間に1度から2週間に1度くらいでOKです。
汚れ具合で判断してください。


上記の内容を総合判定すると、やはり軍配は、人毛ウィッグです。




ウィッグのナチュラル株式会社