ショートヘアのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
セミロングのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
ロングヘアのウィッグ
  • ストレート
  • カール仕様
MENU ウィッグの備品のご注文はコチラ 全国の契約美容室様のご案内
契約美容室募集中 販売代理店募集中 HANAHANA英文サイト
Wig-HANAHANA, Custom-made wigs for women-Mail-order sale
HANAHANA携帯サイト
HANAHANA携帯サイトQRコード
HANAHANA携帯サイトは
上記のQRコードから見れます。
http://www.hanahana.mobi
お知らせ


お問合せ
お知らせウィッグのお手入れに関するご質問は、定期的にいただくお問い合わせの1つ。

シャンプーやブラッシングなど、自毛の時とどう違うのか、どういったお手入れをどこまでやったらよいのか、自己判断でやり過ぎてしまわないかのご心配も含め、お悩みのお客様も多くいらっしゃいます。


冬場は空気が乾燥することで静電気が起きやすいせいか、毛絡みのご相談が。。。

今回はそうならないための予防策を簡単にご案内いたします。


静電気や毛絡みの問題は、「やったほうがいいこと」よりも「やってはいけないこと」を避けることがポイント。

一言で表すなら、力を入れ過ぎないこと、無理に引っ張ったりゴシゴシ擦ったりしないこと。これだけです。


特に、髪は乾いている時よりも濡れている時のほうがダメージを受けやすいので、シャンプーの際はより一層、丁寧に。

スタイリング剤はキレイに落とし、熱いお湯ではなく水に限りなく近いぬるま湯で洗ってください。

シャンプー後のトリートメントが欠かせないのはもちろん、濡れた髪をゴシゴシ擦りながらタオルで拭くのも厳禁。

タオルでやさしく包み込むように水気をとってから、自然乾燥させてください。


また、ブラッシングの際も、髪が引っ掛かる感じがしたら、無理に梳かさず丁寧にほぐすこと。

時間がかかるし面倒かもしれませんが、力任せにすると髪にもネットにも負担が掛かって痛めてしまいますし、そのまま放置していると、やがて修理も難しい状態になる場合もあります。


いつまでもキレイな状態でウィッグをご利用されているお客様は、ご自分のウィッグの状態をよくチェックし、その時々に必要な対応を工夫しながら丁寧に施されています。

ウィッグはただの飾りやアクセサリーではなく、お客様の生活を支えるパートナー。身体の一部も同じです。

体調に気をつけ、健康管理をするように、ぜひ髪やウィッグにも愛情を持って目をかけてあげてくださいね(^^)


ウィッグのナチュラル株式会社